グリーンスムージーの作り置き<実はやらないほうがいい?>

グリーンスムージーの作り置き<実はやらないほうがいい?>

グリーンスムージーを活用したダイエット方法などについて書いていきます。グリーンスムージーに興味のある方は是非チェックしてみてください。

グリーンスムージーは、作ったらすぐに飲むのが良いとされています。

 

面倒なので、まとめて作り置きをしておきたい、という方が居ますが、これはあまりおすすめの方法ではありません。

 

まず、生の野菜や果物が材料なので、作ったそばから劣化していきます。リンゴなどを切った状態で放置しておくと、どんどん酸化して、色も黒ずみ、味も悪くなっていきますよね。

 

グリーンスムージーでも、これと同じことが起こります。

 

グリーンスムージーを作り置きすると、色が悪くなって飲む意欲がわかないものになりますし、実際に飲んでみると、臭みが出ていたり、苦味や渋みが出ていたりと、とても飲みづらいものになってしまうからです。

 

また、酸化が起きてしまうということは、折角の栄養分や効果も、劣化してしまっているということです。普段の野菜不足を補うためにとグリーンスムージーを飲む方にとっては、劣化した栄養素しか摂取できないということになり、結局のところ野菜不足が解消されないということになってしまいます。

 

ダイエットにも不向きですので、置き換え食として飲んでいる方にとっても、期待したダイエット効果が出てこないということになります。

 

少々面倒かもしれませんが、やはりグリーンスムージーは、出来たてを飲みきるのが一番ということになるわけです。

 

ダレノガレ明美ダイエット方法は食事以外でこんなことも!

ライブでゴーゴー「ライブチャット zeus」 車好きの人向けのクレジットカード